よくあるご質問とその回答:推奨入札価格範囲

最終更新:
推奨入札価格範囲とは何ですか?

この範囲は、アドバタイジング・キャンペーンの成果を上げるために推奨される入札価格帯です。必ずしもこの範囲内の価格にする必要はありませんが、多くのインプレッションを獲得する入札価格を選ぶには、この範囲を参考にするのがベストです。

この推奨価格範囲はコンバージョンの予測ではありません。キャンペーンの成果は、 CTRやIR、ターゲティング パラメータとフィルタリング パラメータの競合などの多くの要素に左右されます。


推奨入札価格範囲はどのように割り出されるのですか?

推奨入札価格範囲は、プラットフォーム、国、会社、アプリ、カテゴリ、接続状況などのターゲティング パラメータを計算に入れます。また、過去のキャンペーンデータも利用して、お客様のキャンペーンに応じた推奨入札価格範囲を割り出します。キャンペーンの過去データがない場合、推奨入札価格範囲は、お客様が選択したターゲティング オプションに基づいて計算されます。キャンペーンが開始され、データが取得できるようになると、そのデータをもとに推奨価格が再調整されます。


推奨範囲外の入札価格を設定するとどうなりますか?

推奨入札価格範囲は、この範囲内に入札価格を設定すればキャンペーンにおけるインプレッション数がアップする、と想定できる範囲にすぎません。実際には、他の多くの要因がキャンペーンの成果に影響します。推奨入札価格範囲は有益なヒントではありますが、キャンペーンで受信するインプレッション数の絶対的な指標ではありません。


推奨入札価格範囲が毎日のように変わっています。私の入札価格は昨日は範囲内でしたが、今では範囲外です。何が起こっているのでしょうか?

ネットワーク内では、広告主がターゲット オーディエンスを獲得するために競争しているので、ネットワーク内の活動は常に流動的です。推奨入札価格範囲はそれに従い、変動します。


推奨入札価格範囲がとても低かったり、反対にとても高かったりするのは、なぜですか?

表示される推奨入札価格範囲は、お客様がキャンペーンに対して設定したターゲティング パラメータにより決定されます。ターゲットの競争力が高いか、あるいは低いと、推奨入札価格範囲は通常より高くなったり、低くなったりする場合があります。


入札価格を推奨範囲よりもかなり高く設定しているのに、十分なコンバージョンが得られません。季節行事などに関連した限定アイテムや広告の非表示というようなIAPには、

推奨入札価格範囲は、キャンペーンの成果を上げるための推奨範囲を提示しますが、これはコンバージョンの予測ではありません。キャンペーンのパフォーマンスは、 CTR、IR、お客様が選択したターゲティング パラメータおよびフィルタリング パラメータなどの諸要素に左右されます。


推奨入札価格範囲が毎月のCPI分析値と異なります。なぜですか?

毎月のCPI分析値は、前の月の平均CPIの値になります。推奨入札価格範囲は、次のいずれかの理由により、CPIデータより高くなったり低くなったりすることがあります。(1) 現在のデータに基づいている。(2) お客様が選択したターゲティング パラメータとキャンペーンに関連付けられている利用可能なすべての過去データに基づいている。


推奨価格に">$4.00"のような値が表示されています。これは、どういう意味ですか?

特定のドル値より大きい(>)値として表示される推奨入札価格範囲は、ターゲットの競争力が高いことを意味します。キャンペーンで最適な入札価格を割り出すには、そこで提示されたドル値よりも高い、さまざまな入札価格で試してみるといいでしょう。