iOS用Chartboost SDKをダウンロードし、実装する

最終更新:

 

 

モバイルゲームをChartboostネットワークに統合。たった10行のコードで実装できます。

                                                                                                              Swiftはここをクリック


 

便利な機能が満載。SDKパッケージには最近技術が詰まっています。

プレイヤー目線を重視した高品質のビデオ広告

カスタマイズ可能なインタースティシャルで広告をシームレスに提供

詳細なデータ解析ツールを使って、広告のターゲットを絞り込み

SDKリリースノートを見る ▶

 


 

Chartboost SDKの実装方法

 

 


 

事前にお読みください

  • Chartboostアカウントへの登録はお済みですか?
  • ダッシュボードにアプリを追加してありますか?
  • 最新のSDKのダウンロードはお済みですか?
  • アクティブなパブリッシング・キャンペーンがありますか?
  • アプリは、iOSベースSDKのv6.0以降でコンパイルする必要があります。
  • 6月1日以降にAppleに提出されるすべてのアプリはIPv6に対応している必要があります。
  • Chartboost SDKは、iOS 6.0以上、iPhone(3GS以降)、iPod(3rd generation以降)、iPad(2rd generation以降)のデバイスでのみ実行可能です。
  • startWithAppId(android.app.Activity activity, java.lang.String appId, java.lang.String appSignature)は、アプリのその時の動作とは関係なく、アプリのハード/ソフト起動時に常に呼び出される必要があります。
  • iOS 10のビットコードバージョンはXcode v7.3.1との後方互換性がありません。ビットコードの互換性に関するエラーを避けるには、Xcode v8.0+にアップグレードするか、Xcodev7.3.1プロジェクトでビットコードを無効にしてください。

 


 

SDKパッケージを解凍し、XcodeプロジェクトにChartboost.frameworkをドロップする

ヒント: [Copy items if needed](必要に応じてアイテムをコピー) オプションにチェックを入れましょう。こうしておくと、プロジェクトのフレームワークのローカルコピーが作成されるようになります。

 


 

StoreKitFoundationCoreGraphicsUIKitフレームワークをリンクする

 


 


AppDelegate.mファイルにインポートヘッダー#import <Chartboost/Chartboost.h>を追加する

 


 

didFinishLaunchingWithOptionsメソッドでChartboostを初期化する

- (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions 
{
// Chartboostライブラリを初期化する
 [Chartboost startWithAppId:@"YOUR_CHARTBOOST_APP_ID" 
 appSignature:@"YOUR_CHARTBOOST_APP_SIGNATURE" 
 delegate:self]; 
 return YES;
}

 

startWithAppId(android.app.Activity activity, java.lang.String appId, java.lang.String appSignature)は、アプリのその時の動作とは関係なく、アプリのハード/ソフト起動時に常に呼び出される必要があります。
startWithAppID:appSignature:delegate:メソッドにデリゲートオブジェクトを渡す際に警告が出ることがあります。これは通常無視できるものですが、デリゲートとして渡すオブジェクトがChartboostDelegateプロトコルに準拠していることを確認することで警告を避けることもできます。

 


 

アプリIDとアプリ署名を追加する

 


 

スタティック/ビデオ インタースティシャル広告を表示するには

  • [Chartboost showInterstitial:CBLocationHomeScreen];は、HomeScreen場所にインタースティシャル広告を表示します。場所のオプションは、Chartboost.hをご参照ください。
  • お客様のゲーム内における広告の表示方法は、キャッシュ、デリゲートメソッド、広告掲載場所などのChartboost SDKの追加機能を使うと、より詳細にカスタマイズできるようになります。
  • Chartboostビデオ広告の詳細はこちら
Chartboostの呼び出しは、常にバックグラウンドではなく、メインスレッドから実行する必要があります。そうしないと、呼び出しがタイムアウトする場合があります。
表示前にインタースティシャルをキャッシュしておくことをお勧めします。キャッシュについて ▶

 

リワードビデオ広告を表示するには

  • [Chartboost showRewardedVideo:CBLocationMainMenu];は、MainMenu場所にリワードビデオ表示前メッセージとビデオ広告を表示します。場所のオプションは、Chartboost.hをご参照ください。
  • お客様のゲーム内における広告の表示方法は、キャッシュ、デリゲートメソッド、広告掲載場所などのChartboost SDKの追加機能を使うと、より詳細にカスタマイズできるようになります。
  • Chartboostビデオ広告の詳細はこちら
Chartboostの呼び出しは、常にバックグラウンドではなく、メインスレッドから実行する必要があります。そうしないと、呼び出しがタイムアウトする場合があります。
表示前にインタースティシャルをキャッシュしておくことをお勧めします。キャッシュについて ▶

 

統合をテストする

 


 

ChartboostダッシュボードでSDKアイコンを確認する

  • ダッシュボードでアプリの [アプリの設定] > [基本設定] を開きます。
  • Chartboostサーバーがお客様のアプリIDを使ってSDKから起動呼び出しを正常に受信すると、アプリアイコンの下のSDKアイコンがグレーから緑に変わります。

 


 

大成功! アプリにChartboost SDKが実装されました!

次は、キャンペーンを始めてみましょう

 


 

Chartboost SDKの追加機能

  • キャッシュ: ローカルデバイスに保管することで、広告とMoreAppsページの読み込み時間を短縮します。
  • Chartboostビデオ: 高品質の美しいビデオ広告を提供できます。
  • 広告掲載場所: ダッシュボードでキャンペーンのターゲティングと広告の表示頻度を微調整できます。
  • デリゲートメソッド: ゲーム内の広告処理をより詳細に制御できるようになります。
  • SDK構成メソッド: Chartboost SDK機能と設定へのアクセスを許可します。
  • MoreApps: お客様のアプリ内におすすめゲームの一覧を表示するページを作って、自社や他社のゲームを宣伝できます。
  • ポストインストール・アナリティクス(PIA): アプリ内購入ができるゲーム用です。プレイヤーの購入データを見ながらキャンペーンやリターゲティングを最適化できます。
  • メディエーション: 他社ネットワークと連携して広告を表示できます。

 


 

最大の効果を上げるために

  • iOSヒューマンインターフェイスガイドラインにも記載されていますが、ユーザーが初めてゲームをプレイした後にインタースティシャル広告を表示するのが効果的です。
  • 以下のChartboost SDKデリゲートメソッドを使用すれば、2回目に初期化が呼び出されるまではインタースティシャル広告を表示しないようにすることができます。
// Chartboost SDK v5.0+の場合:

- (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions 
{
 .
 .
// Chartboostライブラリを初期化する
 [Chartboost startWithAppId:@"YOUR_CHARTBOOST_APP_ID" 
 appSignature:@"YOUR_CHARTBOOST_APP_SIGNATURE" 
 delegate:self];
// ユーザーの初回ゲームプレイ後までインタースティシャル広告を表示させないようにする
 [Chartboost setShouldRequestInterstitialsInFirstSession:NO]
 .
 .
}


// それ以前のChartboost SDKの場合:
- (BOOL)shouldRequestInterstitialsInFirstSession {
 return NO;
}

 


 

関連項目
  • エラーコード: iOS用SDK実装時によくある問題とその解決策
  • iOS用CocoaPods: iOS用Chartboost SDKの最新バージョンを簡単に早く追加できるようになります。

 

▲ TOPへ戻る