デバイス識別子

最終更新:

ここでは、Chartboostで対応している識別子の形式、使用、サポートについてご説明します。


広告識別子

IFAはIDFAとも呼ばれます。呼称が違うだけで同じものです。

送信フィールド:

  • ifa

形式:

  • デバイスから発信されたIFAデータ(16進数)
  • ダッシュは挿入されません
  • 32文字

プラットフォーム:

  • iOS

以下によってサポートされます。

  • Chartboost iOS SDK v3.0.7以降
  • コールバック
  • サーバー間統合

IFAの取得方法(iOS 6.0+)

  1. AdSupport.frameworkにリンクし、[ビルドフェーズ] -> [バイナリをライブラリにリンク] を選択して、クリックします。
  2. 次のコード行をアプリに追加し、iOSデバイス上で実行します。ログにIFAが表示されます。
// これらをインポート

#import <CommonCrypto/CommonDigest.h>
#import <AdSupport/AdSupport.h>

// 出力セクションにIFA(広告識別子)を表示。applicationDidBecomeActiveに追加します。iOS 6+デバイスのみ。 
NSString* ifa = [[[NSClassFromString(@"ASIdentifierManager") sharedManager] advertisingIdentifier] UUIDString];
ifa = [[ifa stringByReplacingOccurrencesOfString:@"-" withString:@""] lowercaseString];
NSLog(@"IFA: %@",ifa);

デバイスのIFAは、The Identifiersというサードパーティ製アプリで取得できることもあります。

ChartboostのSDKは、Appleの広告識別子(IDFA)に対応していますか?

ChartboostのSDKは、Appleの「追跡型広告を制限」する設定、およびIDFAの使用に関する制限を尊重しています。IDFAは、以下のいずれかの場合において用いられます。

  1. アプリ内に広告を配信する
  2. アプリのインストールをその前に配信された広告の影響によるものとする
  3. アプリ内で実行されたアクションをその前に配信された広告の影響によるものとする

ChartboostのSDKは安心してご利用いただけますが、ご質問やご不明な点は、お問い合わせください。


Google広告ID(GAID)

送信フィールド:

  • gaid

形式:

  • 32文字および4つのダッシュ(例:e4fe9bde-caa0-47b6-908d-ffba3fa184f2, for example)
  • 小文字表記

プラットフォーム:

  • Android

以下によってサポートされます。

GAIDを確認するには?

  • AndroidデバイスでGoogle Settings(Google設定)アプリを開きます。
  • [広告] を選びます。
  • 広告IDは一番下にあります。


Android ID

送信フィールド:

  • uuid

形式:

  • ハッシュ操作を含むいかなる操作も行わないでください。
  • 16文字

プラットフォーム:

  • Android

以下によってサポートされます。

  • すべてのChartboost Android SDKバージョン
  • サーバー間統合
  • コールバック

Android IDの取得方法

  1. android.provider.Settings.Secure;をインポートします。
  2. 次のコード行をアプリに追加し、Androidデバイス上でプロジェクトを実行します。ログにAndroid IDが表示されます。
//コードをインポート
import android.provider.Settings.Secure;

//ログにAndroid IDを表示
String android_id = Secure.getString(getBaseContext().getContentResolver(),Secure.ANDROID_ID);
Log.e(TAG, android_id);

UDID

送信フィールド:

  • uuid

形式:

  • ハッシュ操作を含むいかなる操作も行わないでください。
  • 36文字

プラットフォーム:

  • iOSのみ

以下によってサポートされます。

  • Chartboost SDK v3.1.1以前(v3.2でUDIDは廃止されました)
  • サーバー間統合
  • コールバック