ユーザーセグメント ビルダー

最終更新:
ユーザーセグメントでは、起動回数やアプリ内購入、広告表示などのゲーム内行動が類似するユーザーをグループにします。作成したセグメントは、アドバタイジング・キャンペーンやパブリッシング・キャンペーンのオーディエンスのターゲティングに使用できます。
この機能をご要望のお客様は、弊社までご連絡ください。お客様が使えるように設定いたします。

目次


ユーザーセグメントの概要

ユーザーセグメントは、起動回数やアプリ内購入(IAP)、広告表示などのゲーム内行動が類似するユーザーのグループです。基本のChartboost統合では広告収益をトラッキングし、そのデータを用いてプレイヤーのセグメント化をすることができますが、起動回数やIAPをもとにセグメント化を行いたい場合(以下参照)にはポストインストール・アナリティクス(PIA)統合が必要になります。これらの基準をもとにユーザーセグメントを作成するには、事前にPIAを統合してください。

作成したユーザーセグメントをアドバタイジング・キャンペーンやパブリッシング・キャンペーンのターゲットにすることで、継続率や再エンゲージメント率、収益のアップが図れます。


ユーザーセグメント ビルダー

ユーザーセグメントを作成するには、まず [ユーザーセグメントの概要] ページ[新しいセグメントを作成] をクリックします(ダッシュボードの [ツール] メニューからもアクセス可能です)。

[ユーザーセグメントの編集] ページが開きます。ここでは、種々の基準を使ってカスタム セグメントを作成できます。

まずセグメント名を入力し、ゲームのプラットフォームを選択してから、最初のセグメントを設定した基準のすべて(ALL)の条件に該当させるか、いずれか(ANY)の条件に該当させるかを決めます。

次に [アプリ] ドロップダウンで対象にしたいゲームを選んだら、[基準] ドロップダウンでセグメントの最初の条件を選択します。

以下の基準が使えます。

ポストインストール・アナリティクス(PIA)統合が必要な基準

起動に関する基準

  • 頻度(1日/1週間/1ヶ月あたりの起動回数)
  • 直近のログイン(~日前/週間前/ヶ月前)
  • インストール日(~日前/週間前/ヶ月前)

IAP に関する基準

  • ユーザーからの収益(1日/1週間/1ヶ月/累積)
  • 1 購入あたりの平均金額(1日/1週間/1ヶ月/累積)
  • 購入回数(1日/1週間/1ヶ月/累積)

プレイヤーのレベル/カスタムイベントに関する基準

レベル/カスタムイベントに関する基準([基準] ドロップダウンの [レベル/イベントトラッキング])を使うにはポストインストール・アナリティクス(PIA)統合が必要になるほか、ゲームのレベルトラッキング設定も必要になります。(レベルトラッキングではユーザーのエンゲージメントをモニターし、アプリ内購入の傾向があるユーザーをセグメント化することができます。ユーザーをセグメントで分けることにより、ユーザー獲得の最適化を図ったり、リターゲティング・キャンペーンなどの収益化を強化できます。)

基本のPIA統合が完了しているにもかかわらず、Chartboostシステムがゲームから適正な形式のレベル/イベントデータを受け取っていない場合には、レベル/イベントトラッキングセクションがグレー表示されます。

基準名には、レベルトラッキング統合時にお客様が定義したイベントラベルこちらの表参照)が表示されます。

レベルトラッキング統合の詳細はこちらをご覧ください。また、使用例もあわせて参照ください。

基本的なSDK実装で使える基準

広告収益に関する基準

  • 直近の収益(~日前/週間前/ヶ月前)
  • ユーザーからの総収益(1日/1週間/1ヶ月/累積)。の基準にはIAP収益が含まれ、トラッキングにはポストインストール・アナリティクス(PIA)統合が必要になります
  • ユーザーからの広告収益(1日/1週間/1ヶ月/累積)

次の比較演算子を使ってセグメントロジックを作成できます。

  • 等しい(=
  • より大きいか等しい(>=
  • より小さいか等しい(<=
  • より大きい(>
  • より小さい(<
  • 間(<x<

最初のセグメントロジック条件を作成したら、必要に応じて別の条件を追加できます(追加条件は同じアプリにも別のアプリにも使えます)。同じアプリに条件を追加するには、[基準を追加] をクリックします。

別のアプリに条件を追加するには、[別のアプリに基準を追加] をクリックします。

同じアプリの場合は複数の条件をALL(すべての条件を満たす)またはANY(いずれかの条件を満たす)演算子を使って選びますが、別のアプリの場合はANDまたはOR演算子を使います。

完了したら、緑の [保存] ボタンをクリックします。ユーザーセグメントをキャンペーンターゲットに適用する方法は、次のセクションをお読みください。


ユーザーセグメントをキャンペーンに適用する

パブリッシング/クロスプロモーション

パブリッシング/クロスプロモーション・キャンペーンにユーザーセグメントを適用するには、新規のキャンペーンを作成し(パブリッシング・キャンペーンの手順クロスプロモーション・キャンペーンの手順参照)、[キャンペーン ターゲティング] セクションまで下にスクロールします。このセクションの [ユーザーセグメント] ドロップダウンでキャンペーンのターゲットにするセグメントを選択します。

ユーザーセグメントは異なるタイプのPIAデータを使用するので、キャンペーンが実行されるゲームがそのデータタイプをサポートする場合のみキャンペーンで使用できます。ユーザーセグメントを適用する前に、弊社のシステムがゲームからPIAデータのセグメントタイプを受信している必要があります。

同じ広告を複数回表示してユーザーに嫌悪感を抱かせないために、1日のフリークエンシーキャップも設定しておきます。

キャンペーンにユーザーセグメントを適用し、フリークエンシーキャップを設定したら、その他のほとんどの設定は通常のパブリッシング/クロスプロモーション・キャンペーンと同様です。

アドバタイジング(リターゲティング)

リターゲティング・キャンペーンにユーザーセグメントを適用するには、新規のキャンペーンを作成し、[キャンペーンのサブタイプ] ドロップダウンでこのキャンペーンを [リターゲティング] に設定します。

[プロモートするアプリ] メニューでリターゲットするゲームを選択し、キャンペーンの名前を付けて、必要に応じてその他の簡易設定を調整します。次に、[キャンペーン ターゲティング] セクションまで下にスクロールして、ユーザーセグメントをキャンペーンに適用します。

ユーザーセグメントは異なるタイプのPIAデータを使用するので、キャンペーンでプロモートされるゲームがそのデータタイプをサポートする場合のみキャンペーンで使用できます。ユーザーセグメントを適用する前に、弊社のシステムがゲームからPIAデータのセグメントタイプを受信している必要があります。

同じ広告を複数回表示してユーザーに嫌悪感を抱かせないために、1日のフリークエンシーキャップも設定しておきます。

リターゲティング広告

ユーザーセグメントをキャンペーンに適用し、フリークエンシーキャップを追加したら、他のほとんどの設定はユーザー獲得のためのアドバタイジング・キャンペーンと同じです。ただしリターゲティング・キャンペーンは通常のキャンペーンと少し異なり、特定の要件が必要になります。

1. アプリをインストール済みのプレイヤーを効果的にリターゲットするには、再エンゲージメント/収益化が最も狙えるゲームの特定場所にユーザーを送り込むディープリンクをリターゲティング広告に含める必要があります。(プレイヤーがゲームをアンインストールしている場合は、リターゲティング広告のクリック後にApp Store、Google Playストア、またはAmazon Androidアプリストアのゲーム一覧に移動します。)

このため、リターゲティング広告に追加するクリエイティブセットは、ゲームの [アプリの設定] ページの [ディープリンク URL] フィールドが入力済みである必要があります。

2.また、リターゲティング広告は、ゲームを単に全体的に宣伝するのではなく、特定のプロモーションを見せることでプレイヤーに対し、より個人的にアピールする必要があります。

キャンペーンに合ったリターゲティング用クリエイティブを選択したら、残りの設定を行い、キャンペーンを保存して承認のために送信します。


 

使用例

 

広告収益をもたらすユーザー: 週に$10以上の広告収益をもたらしたプレイヤー。

          


最近離れはじめたアクティブユーザー: 過去5日間にログインはないが、ゲームに定期的にログイン(平均して週3回以上)していたプレイヤー。

          


課金ユーザー: ゲーム内でIAPを行ったプレイヤー。

          


高レベル非課金ユーザー: IAPは行ったことがないが、レベル10以上のプレイヤー。