S2S(サーバー間)トラッキング

最終更新:
ChartboostのS2Sトラッキングでは、サードパーティプラットフォームのインストールアトリビューションを使ってChartboostネットワークでCPI(インストール単価)キャンペーンを実行できます。

 

 

 

  • ダッシュボードの [コールバック] パネル[新しいコールバックを追加] をクリックしてクリックのコールバックを追加します。
  • [テンプレート] ドロップダウンからサードパーティのテンプレートを選んでクリックのコールバックを作成します。その際、お客様のアプリのOSプラットフォーム(iOS/Android)に合ったテンプレートを選ぶようにしてください。

  • バンドルIDなど、サードパーティが必要な追加情報を入力します。
  • コールバックテンプレートに必要事項を入力したら、コールバックをサードパーティを使ってトラッキングしたいアプリのクリックイベントにアタッチします。次にアプリを選び、 [アプリの設定] > [基本設定] > [詳細設定] を開いてドロップダウンからクリックのコールバックを選びます。

  • [保存] をクリックします。

 

ビュースルーアトリビューションでは、ユーザーがビデオの視聴直後に広告をクリックしなくても、短時間でお客様のアプリをインストールした場合にそのインストールを記録します。もっと見る ▶

  • ダッシュボードの [コールバック] パネルで [新しいコールバックを追加] をクリックします。
  • コールバックの名前と説明を入力します。
  • [テンプレート] ドロップダウンで視聴完了パートナーを選んでください("Tune iOS視聴完了"など)。
  • バンドルIDなど、その他のデータの入力が求められる場合があります。
  • コールバック入力画面の下のリストからこのコールバックを使うアプリを選びます。[ビュー] コラムにチェックを入れます。
  • コールバックをOFFからONにし、 [保存] をクリックします。

 

 

ご利用のサードパーティサービスを選んでください。



 

お客様のアプリにSDKが実装されていて、S2Sトラッキングのリクエストを行う前にChartboostアドバタイジング・キャンペーンでアプリがプロモートされていた場合には、変換が完了してから21日以内にSDKにより発生したインストールに対して広告料金が請求されることがあります。変換後のインストールアトリビューション ウィンドウは、最低でも7日間はサードパーティによるものになります。

 


関連項目