パブリッシングで最大の効果を上げるために

最終更新:

パブリッシャーとしてのゴールは、eCPMの高いアドバタイジング・キャンペーン広告をできるだけ多く表示して、収益を最大化することです。

Chartboostのシステムでは、設定したターゲティング条件に一致するアドバタイジング・キャンペーンのデータが取得され、成果率の高いアドバタイジング・キャンペーン広告のみが対象のゲームに表示されます。

パフォーマンスの測定には、eCPMを用いています。eCPMは通常、表示回数1000回あたりの有効単価とされていますが、Chartboostでは広告主がインプレッション単位ではなくクリック単位またはインストール単位で入札するので、弊社のeCPMはアドバタイジング・キャンペーンのインストール率(IR)クリック率(CTR)、および競争力を反映する入札価格の3つの要素を合わせたものになります。

(パブリッシャーにとってeCPMは、自社ゲーム内でアドバタイジング・キャンペーンのインプレッションが1000回に達したときに受け取る収益の見積もりです。これは広告効果を見定めるための重要な指標ですが、弊社のシステムでパブリッシャーのeCPMデータをもとにアドバタイジング・キャンペーンとパブリッシング用アプリのマッチングを行うわけではありません。)

以下は、収益最大化の戦略です。

1. 広告掲載場所を指定して、広告の場所を調整する

すべての場所が広告掲載にふさわしいわけではないことは、誰もが承知しています。起動時にさりげなく広告を入れるのは常套手段とも言えますが、ゲーム内の別の場所が広告クリックにつながる最適な掲載場所であることもあります。そういう「美味しい」場所を見つけるのが成功の鍵です。広告掲載場所を使えば、iTunesやGoogle Playのコードをいちいち更新しなくても、広告効果が高い場所を簡単に探すことができます。

広告掲載場所を設定するには、こちらをご覧ください。 要領としては、コードを送信する前になるべく多くの広告掲載場所のコードを追加しておきます。ゲームがアプリストアに登録されたら、ダッシュボードから広告掲載場所ごとにキャンペーンを管理できるようになるほか、A/Bテストも簡単に行えるようになります。(A/Bテストは、[アプリ] > [アナリティクス][広告の掲載場所別] レポートを作成するだけで行えます。)

 
2. 利益をもたらす広告主とダイレクトディールで取引をする

Chartboostのプラットフォームでは数多くの広告主が活動しているので、なかには大成功を収める広告も出てきます。

クリック率やインストール率が目覚しい広告の配信元や、自分のゲーム内に広告を掲載したらeCPMが増えるだろうと思える広告主がいるなら、ダイレクトディールで直接取引をするのもいい手です。

ダイレクトディール・マーケットプレイスで取引したいパートナーを捜し、連絡を取って、取引条件の交渉を開始します。順調に収益が伸びてきたら、この広告主との取引で利益を確実に上げられるように、[優先度] 設定でダイレクトディール・キャンペーンを [最も高い] に設定しておきましょう。