リターゲティング — ユーザーセグメント

最終更新:

ユーザーセグメントは、起動やアプリ内購入などの行動が似通ったプレイヤーのグループで、ゲームのポストインストール データによって区分します。

カスタムまたはデフォルト設定で作成したユーザーセグメントは、対象オーディエンスとしてリターゲティング・キャンペーンに適用できます。

カスタムセグメント ビルダー

カスタムユーザー セグメントを作成するには、まず [ユーザーセグメントの概要] ページで [新しいセグメントを作成] をクリックします。

[ユーザーセグメントの編集] ページが開きます。ここでは、最大3つのセグメント ロジックを使ってカスタム セグメントを作成できます。

[セグメントロジックを追加] ドロップダウンをクリックして、最初のセグメント ロジックの基準を選択します。

設定できる条件には、以下のオプションがあります。

起動に関する基準 - 頻度 - 1日/1週間/1ヶ月あたりの起動回数 - 最新のログイン - ~日前/週間前/ヶ月前 - インストール日 - ~~日前/週間前/ヶ月前

IAPに関する基準 - ユーザーからの収益:1日/1週間/1ヶ月/累積。1 購入あたりの平均金額:1日/1週間/1ヶ月/累積。購入回数:1日/1週間/1ヶ月/累積。

次の比較演算子を使ってセグメントロジックを作成できます。

  • 等しい(=
  • より大きいか等しい(>=
  • より小さいか等しい(<=
  • より大きい(>
  • より小さい(<
  • 間(<x<

最初のセグメント ロジック条件を作成したら、必要に応じて別の条件を追加できます。

セグメント ビルダーは、AND(すべての条件を満たす)およびOR(いずれかの条件を満たす)演算子を使って各セグメント ロジックを結合します。

完了したら、緑の [保存] ボタンをクリックします。ユーザーセグメントをリターゲティング・キャンペーンに適用する方法は、こちらのページをご覧ください。

デフォルトのユーザーセグメント

リターゲティングをすばやく始めたい場合は、次のデフォルトのユーザーセグメントの1つを設定して、広告の対象オーディエンスを決定できます。

  • 高額課金ユーザー:ゲームで$100以上支出したプレイヤー(合計)
  • 不活発なユーザー:30日以上ゲームを起動していないプレイヤー
  • 低エンゲージメント ユーザー:ゲームの起動が週に1回未満のユーザー
  • 非支払者:IAPでお金を使わなかったプレイヤー
  • 支払者:IAPでお金を使ったプレイヤー
  • すべてのユーザー:ゲームを起動したすべてのプレイヤーをターゲットにするには、このオプションを使用します。

デフォルトのユーザーセグメントは、[キャンペーンの編集] ページからリターゲティング・キャンペーンに適用できます。(注:これらのセグメントは異なるタイプのPIAデータを使用するので、キャンペーンでプロモートされるゲームがそのデータタイプをサポートする場合のみキャンペーンで使用できます。)