ポストインストール・アナリティクス(PIA) — サードパーティ

最終更新:

プラットフォームやネットワーク間のアプリ内購入(IAP)に関してより詳しい分析データが欲しい場合には、S2S統合設定を行い、サードパーティのトラッキング サービスからIAPデータをインポートすることもできます。サーバー間統合をすれば、Chartboostダッシュボードでサードパーティのデータを見られるようになります。

Chartboost SDKを使用し、サードパーティ統合をしている場合:

デフォルトの動作としては、PIAイベントのリッスン先がSDKになっており、S2S PIAイベントは無視されます。リッスン先をSDKからサードパーティに変えたい場合にはサポートかアカウント管理者にお問い合わせください。この変更を行うとS2Sイベントがリッスンされ、Chartboost SDKイベントは無視されるようになります。このようにしておくとイベントの重複を避け、受信データを1つのチャネルから受け取れるようになります。アプリ設定の変更は、サポートにご連絡いただければいつでも可能です。

目次


Adjustの構成

1. Chartboostに送りたいIAPデータのあるアプリを開きます。

2. [Settings](設定)[Partner Setup](パートナーの設定)の順にクリックします。

3. [Networks](ネットワーク)Chartboostを選びます。

4. [Revenue Forwarding](収益データの転送)トグルをONに、[Attributed Only](アトリビューションのみ)OFFにします。  [Parameter Forwarding](パラメータの転送) はAdjust SDKからのEvent Label値をマッピングしない場合もOFFにしておきます。

5. Adjustでトラッキングするアプリ内購入イベントのすべての [EVENT LABEL](イベントラベル)フィールドに"purchase"(購入)と入力します。[EVENT LABEL] フィールドは [Chartboost Event Linking](Chartboostイベントをリンク)セクションにあります。[EVENT FIELD]、[MAIN LEVEL]、[SUB LEVEL] フィールドは空白のままにしてください。

Adjust: よくあるご質問とその回答

Adjust ダッシュボードの [Event Linking](イベントをリンク)セクションに表示されたすべてのフィールドがIAPポストバックでChartboostに自動送信されるのですか?

いいえ。Event Label(イベントラベル)のみが product_id としてChartboostに送信されます。 

イベント名の右側のテキストフィールドは何のためにあるのですか?

ここにイベント値を追加します。イベントがChartboostに送信されると、テキストフィールドのイベント値が記録されます。

[Event Linking](イベントをリンク)セクションにはイベント数の制限がありますか?

いいえ。ウィンドウをスクロールできるので、Adjustで追跡しているすべての購入イベントを追加できます。


AppsFlyerの構成

1. AppsFlyerのアプリダッシュボードにログインし、左の [Media Source Configuration](メディアソースの構成) をクリックします。

2.Chartboost S2S を検索してクリックし、[In App Events](アプリ内イベント)タブに切り替えます。

3. 下記の [Send In-App Events to Chartboost](Chartboostにアプリ内イベントを送信) セクションの設定を行い、chartboost_app_idフィールドにChartboostのアプリIDを追加します。

4.サポートに連絡し、[Chartboost Event Tag](Chartboostイベントタグ)フィールドに入れるトークンを取得します。

注: AppsFlyerが現在サポートしているのは、Chartboostへの購入イベントの送信のみです。 レベル/イベント トラッキングのサポートは今後実装される予定です。


Apsalarの構成

ApsalarからIAPデータを取得するには、以下の設定で新しいポストバックを作成します([Setup](設定) > [Attribution Tracking](アトリビューション トラッキング) > [Create New Postback](ポストバックを新規作成))。

  • Postback Recipient(ポストバック受信先): Chartboost
  • Application(アプリケーション): アプリケーションを選択
  • Event Type(イベントタイプ): Custom event(カスタムイベント)を選んでから、ドロップダウンで特定の収益イベントを選択
  • Postback Status(ポストバック ステータス): Active, begin sending immediately(アクティブ、今すぐ送信開始)
  • Attribution Rules(アトリビューション規則): Send all events from all sources(すべてのソースからすべてのイベントを送信)

[Preview](プレビュー)セクションの3つのフィールドに、ChartboostアプリID、トークン(まだ取得していない場合はサポートまで)、IAPの製品名を識別するキーを入力します。


Kochavaの構成

イベント ポストバックの方法は、Kochavaサポートセンターに記載されています。


TUNEの構成

  • [Integrated Partners](統合パートナー)タブでChartboost設定パネルを開きます。
  • [Postbacks](ポストバック)を選び、[Add Postback URL](ポストバックURLを追加)をクリックします。

 

 

  • [Advertising Partner Postback Template](アドバタイジングパートナー ポストバックテンプレート)セクションでChartboostを検索します。
  • [Chartboost Postback Template](Chartboostポストバックテンプレート)セクションの [Platform](プラットフォーム)ドロップダウンで [iOS or Android] を選びます。
  • [Postback Template](ポストバックテンプレート)ドロップダウンで [Chartboost IAP Postback | purchase | All] を選びます。
  • ChartboostアプリIDとアプリ署名を追加して保存します。

 

 


その他のサードパーティサービスの構成

上記以外のサードパーティ製トラッキング サービスでこの機能をご利用になりたいデベロッパーのお客様は、当該サービス宛に次の情報を送ってください。

リクエスト確認のために、サードパーティS2S PIA呼び出しにはIAP情報とAPIトークンを含みます(トークン情報は、こちら にお問い合わせください)。

{

    "app_id": "54ecc0535beacdc1e1eff778"
    "ifa": "8c2d20ef2f4248209f65b35e3c398731"
    "iap": {
        "product_id": "com.sample.gems.001"
"currency": "EUR", "price": 3.99, "localized_description": "TheFirstGemsPack", "localized_title": "GemsPack" } }

以下はS2S呼び出しに関する情報です。お客様のAPIトークンはこちらにお問い合わせください。

PIA S2Sリクエストの詳細情報

メソッド

POST

エンドポイント

https://live.chartboost.com

パス

/event_service/v3/track

ヘッダー

(注:ヘッダーには認証データが含まれます。)

ヘッダー名 説明
X-Chartboost-Token 2782f24948b6dff2551ff321f70266c415e0d251 お客様のAPIトークン
X-Chartboost-Signature 173e6aeff28e4b76b488d5acf49ed8ebb8e95559 生成方法はこちらのGistをご覧ください。Chartboostアプリ署名と同じ値ではありません。ご注意ください!

JSONボディ: IAPオブジェクトパラメータ

パラメータ iOSアプリ Androidアプリ 説明
currency 必須 必須 "USD" 3文字のISO 4217通貨コード
localized_description オプション オプション "A small pack of coins" プレイヤーの使用言語で書かれた商品説明
price 必須 必須 0.99 currency パラメータで指定された通貨の商品価格
localized_title オプション オプション "Small Coin Pack" プレイヤーの使用言語で書かれた商品名
product_id 必須 必須 "com.app.exampleapp.1234" SKU

JSONボディ: リクエストパラメータ

パラメータ iOSアプリ Androidアプリ 説明
app_id
必須 必須 "54ecc0535b1acdc1e1eff778" ChartboostアプリID(Chartboostダッシュボードにあります)
ifa 必須 該当なし "61109b4c0f164fbc82ec5475313ae000"(32文字、ダッシュOK、大文字小文字の区別なし) 広告識別子
gaid 該当なし 必須 "38400000-8cf0-11bd-b23e-10b96e40000d"(32文字+ダッシュ4つ) Google Play Services広告 ID(advertising ID)(Androidのみ)
uuid 該当なし オプション(GAIDが送信されない場合、またはAmazonアプリの場合) "358414046356276" 古いAndroid ID/Amazonゲーム用
iap 必須 必須   アプリ内購入データのJSON。下記IAPセクション参照。

公開キー/秘密キー(Google Play/Amazonのみ)

Google Play/AmazonアプリストアのゲームでS2S PIAを設定する場合も、アプリの公開キーまたはAmazonデベロッパー秘密キーを、それぞれのゲームの [アプリを編集] ページのフィールドに追加する必要があります。

リクエストを作成する

最初に、エンドポイントで開始します。

https://live.chartboost.com/event_service/v3/track

ヘッダーを追加し、JSONボディにパラメータを追加します。

{

    "app_id": "54ecc0535b1acdc1e1eff778"
    "ifa": "61109b4c0f164fbc82ec5475313ae000"
    "iap": {
        "product_id": "com.sample.gems.001"
"currency": "EUR", "price": 3.99, "localized_description": "TheFirstGemsPack", "localized_title": "GemsPack" } }

これで完了です。リクエストが成功すると、次を受信します。{"status":200,"message":"Success"}

呼び出しが500 HTTPエラーコードを受信した場合には、少し時間をおいてから、サーバーによるS2S呼び出しを再試行する必要があります。2秒後、4秒後、8秒後、16秒後と成功するまで再試行してください。