コールバックを設定する

最終更新:

コールバックでは、クリックやビデオ視聴、コンバージョンによるインストールのイベントを通知します。

Chartboostダッシュボードでは、わずかな時間でコールバックを稼働できます。始めるには、コールバックの管理ページで右上の 新しいコールバックを追加 をクリックします。新しいコールバックフォームが表示されます。

以下、このフォームについて簡単に説明していきます。

基本のデータ

コールバックの名前と説明を入力し、お客様の役割(パブリッシャー/広告主)を選びます。

サードパーティのテンプレートを選ぶ

Chartboostでは、主要サードパーティのパラメータに対応したコールバック設定テンプレートが使えます。テンプレートを選ぶとコールバック設定に必要なパラメータと要素が自動入力されます。トラッキングURL、バンドルID、広告IDなど、サードパーティ固有のデータの入力が必要な場合はその旨が表示されます。また、下記の設定を使ってパラメータを追加することもできます。

リストにないサードパーティのエンドポイントを使用する場合には、[カスタムテンプレート] を選んで、下記の要領でコールバックを設定してください。

ベースURL

ベースURLには、コールバックの送信先となるお客様のサーバー、またはサードパーティのトラッキング サービスのエンドポイントが入ります。(例:https://myserver.com/tracker)弊社のシステムは、ここで指定されたURLに静的変数とパラメータを追加します。

静的変数

[静的変数] フィールドでは、コールバックにお客様のサーバーやサービスが要求するタグを追加できます。例えば、静的変数が network=chartboost の場合、[キー] フィールドに network を、 [値] フィールドに chartboost を入力します。

動的パラメータ

次は、[動的パラメータ] ドロップダウンで、イベントの送信情報を指定します。ドロップダウンのパラメータは、こちらのコールバック パラメータリストを参照ください。

パラメータを追加したら、次は [キー] フィールドに任意の名前を入力します。値は弊社が送信するものを使用してください。

Pingテスト

エンドポイント、静的変数および動的パラメータが定義できたので、今度はURLをテストしてみましょう。

[コールバックURL] セクションに、作成したコールバックが表示されているはずです。[今すぐテストする] をクリックして、エンドポイントが正常であることを確認しましょう。テスト結果が成功したことを弊社のシステムが確認できれば、コールバックが有効になります。以下は、pingテストの送信データ例です。

{
    "from" : "TestPublisherGame",
    "uuid" : "5555555555555555",
    "campaign" : "TestCampaign",
    "campaign_id" : "444444444444444444444444",
    "to" : "TestAdvertiserGame",
    "ifa" : "66666666666666666666666666666666",
    "type" : "click"
}
Chartboostのpostコールバックの戻り値はget呼び出しと同様にURL headに含まれます。
アカウント/アプリ/キャンペーンにコールバックをアタッチする

最後に、コールバックをキャンペーン、アプリ、またはアカウント全体にアタッチします。優先度は次の通りです。

  • キャンペーンレベルのコールバック:キャンペーンのクリックまたはコンバージョンによるインストールをレポートします。どのコールバックよりも優先されます。
  • アプリレベルのコールバック:指定したゲームで実行中のすべてのキャンペーンのクリック/コンバージョンをレポートします。アカウントレベルのコールバックより優先されます。「すべてのキャンペーン」には、パブリッシング・キャンペーンも含まれます。
  • アカウント・レベルのコールバック:アカウント内のすべてのゲームとキャンペーンに適用されます(ただし、より高いレベルのコールバックがアタッチされていれば、そちらが優先されます)。(非推奨)

例:アカウント全体のクリックやビデオ視聴完了、コンバージョンによるインストールのイベント通知を受信したければ、アカウントレベルでコールバックをアタッチします。特定のアプリ/キャンペーンに関する別のデータも欲しければ、該当するレベルで別のコールバックをアタッチすることもできます。

また、[キャンペーンを編集] > [詳細設定] でもコールバックをキャンペーンにアタッチできます。

また、[アプリの設定] ページの [詳細設定] セクションでアプリにアタッチすることもできます。

コールバックを複製する

Chartboostでは、コールバックを簡単に複製して、別のゲームやキャンペーンで使用することができます。お客様のシステムやサードパーティのサービスで、作成したコールバックのパラメータと同じ、またはほぼ同様のパラメータを受信したい場合は、 [コールバックリスト] でコールバックの名前をクリックします。

次に、コールバックの編集フォーム上部の [複製] をクリックします。

コールバックを最初から作成せずに、簡単に複製したり調整したりできます。

 

コールバックをアカウント、アプリ、またはキャンペーンに追加した後は、コールバック リストを使って次のことができます。

  • 既存のコールバックを編集する
  • 既存のコールバックを削除する
  • 既存のコールバックを一時停止する
  • 別のゲームやキャンペーンで使うために、コールバックを複製する([編集] で行います)
  • 新しいコールバックを追加する