変更履歴 — Adobe AIR SDK

最終更新:

Adobe AIR用Chartboost SDKをダウンロードし、実装する ▶

 



Version 6.6.3 (May 25, 2017) (current version) 

  • Android: Version 6.6.3
  • iOS: Version 6.6.3

Fixes:

  • Updated Android and iOS native SDKs to version 6.6.3. Please see the change logs for those products for more information.

 



v6.5.0(2016年9月29日)

  • Android: Version 6.5.1
  • iOS: Version 6.5.1

修正:

  • AndroidおよびiOSネイティブSDKをv6.5.1にアップデートしました。詳細はiOSまたはAndroidの変更履歴をお読みください。
  • Android用ビルドでは年齢確認機能が使えなくなりました。
  • closeImpressionメソッドを削除しました。

 


v6.4.0(2016年8月4日)

特徴および改良点:

  • すべての公開メソッドが静的メソッドになりました。そのため、今後はクラスオブジェクトのメソッドを直接呼び出し(Chartboost.getInstance().showInterstitial(location);Chartboost.showInterstitial(location);に置換するなど)、インスタンス変数宣言は省略します(private var cb:Chartboost;を削除するなど)。
  • Modelクラスが独自のパッケージに移されました。このため、インポートを更新する必要が生じることがあります。
  • Actionscript APIの型安全性を向上させました。
  • Chartboost.getInPlay()メソッドがCBInPlayオブジェクトを返さなくなりました。オブジェクトは提供されたコールバックからのみ取得されます。
  • ネイティブ広告(インプレー)取得時のフレーム遅延を緩和しました。
  • Chartboost.init()メソッドの名前がChartboost.startWith()に変更されました。このため、ChartboostアプリIDと署名に加え、AIRアプリケーションステージも渡す必要があります。
  • SDKが完全に初期化され、使える状態にあることを通知するdidInitializeデリゲートメソッドを追加しました。
  • setMediationを使ってメディエーションレイヤーを設定できるようにしました。
  • closeImpressionメソッドを追加しました。
  • OSに対応したメソッドを追加しました(inPlay.clearCache()getAutoIAPTracking(iOS)、isWebViewEnabledsetShouldHideSystemUI(Android))。

修正:

  • Android: 種々のクラッシュを修正しました。
  • Android: Android 6上のバージョン19以上のAIRでSDKが初期化されない問題を修正しました。
  • Android: Playストアから戻った後でインプレッションが表示されない問題を修正しました。
  • Android: x86のサポートを追加しました。
  • setStatusBarBehaviorメソッドのスペルとパラメータタイプを修正しました。


v5.5.0(2015年6月1日)

特徴および改良点:

  • デリゲートログの表示や状態のキャッシュをし年齢確認などの種々のオプションを設定できるようにするChartboostExample UIを追加しました。
  • didFailToRecordClickデリゲートにCBCLickError列挙値を追加しました
  • プラグインによるリクエストにAIRランタイムバージョンが送られるようになりました。
  • AIRプラグインにポストインストール・アナリティクス(PIA)機能を追加しました。
  • iOS:リワードビデオで既存のビデオを表示する場合、ビデオの事前取得完了を待たずにすむようになりました。
  • iOS:AFNetworking libraryがv2.5.4に更新されました。
  • Android:SDKダウンロード内のサンプルプロジェクトにIAPボタンを追加しました。
  • Android:すべてのネットワーク呼び出しに対してエラーログを追加しました。

修正:

  • iOS:電話着信後にビデオ広告を再開/破棄できなくしていたバグを修正しました。
  • iOS:/show呼び出し前にいらないビデオ広告の削除を阻止していたビデオ事前取得動作を修正しました。
  • iOS:/more/show呼び出し後に新しいMoreAppsページデータが適正にキャッシュされるのを阻止していたバグを修正しました。
  • Android:年齢確認により、didPauseClickForConfirmation呼び出しと成功したdidPassAgeGate応答間のビデオ広告が適正にブロックされるようになりました。
  • Android:不必要なビデオ事前取得の呼び出しを削除しました。
  • Android:Chartboostアクティビティのリーク要因になっていたバグを修正しました。
  • Android:スタティック・インタースティシャル広告やリワードビデオ広告の前にMoreAppsページ読み込み画面が表示されないようにしました。
  • Android:GAIDがChartboostサーバーに送信されるのを阻止していたSDKダウンロードパッケージのサンプルアプリ内のバグを修正しました。
  • Android:Android 4.1以前のデバイスにおけるレポートのタイムゾーン形式を修正しました。
  • Android:アクティビティ使用中にデバイスを回転させると広告が消えるバグを修正しました。
  • Android:ホームキー入力後にリワードビデオ広告の視聴前画面が適正に表示されるようになりました。
  • Android:特定の状況下でビデオの事前取得を妨げていた稀なバグを修正しました。
  • Android:Chartboost初期化中に別のスレッドで呼び出しを行うと発生したnull pointer exceptionを修正しました。
  • Android:アプリが背景に置かれている間にいくつかのデバイスで広告が消えてしまうバグを修正しました。


v5.1.4(2015年3月23日)

修正:

  • Android:起動直後にキャッシュおよび表示の呼び出しを行わない問題を修正しました。
  • Android:no host activityエラーを修正しました。


v5.1.3(2015年3月23日)

修正:

  • ANEのinit()メソッドをstartWith()に変更しました。これにより、hideAneLibSymbolsを使わないユーザーや特定のビルド設定環境のユーザーが直面していた記号の競合が解消されます。


v5.1.2(2015年3月17日)

修正:

  • iOS デバイス上で起動時にビデオが表示される際にリワードビデオの閉じるボタンに影響していたバグを修正しました。


v5.1.1(2015年3月12日)

特徴および改良点:

  • インプレーのサポートを追加しました。
  • 全画面ビデオ広告のiOSステータスバーに対する作用を制御する新しいメソッド setStatusBarBehaviorを追加しました。
  • locationパラメータをclickshowcompleted-view他の関連するネットワークリクエストの可能な箇所に追加しました。

修正:

  • 広告非表示時に戻るボタンを押すと強制終了するバグを修正しました。
  • didDismissInterstitialdidDismissRewardedVideoが起動しないバグを修正しました。
  • CBManifestEditor.csのデバッグ メッセージを修正しました。
  • クリエイティブURLに対するSDK 呼び出しが重複してしまうiOSのバグを修正しました。
  • iOS:1時間に1つの広告を表示するキャンペーン設定で、自動キャッシュが有効になっている際に1時間の最大広告数設定に従うようになりました。
  • クリックイベント時にdidDismissInterstitialdidDismissRewardedVideoを起動するiOSのバグを修正しました。
  • 広告が同じ場所でキャッシュされている際にdidCacheInterstitialが呼び出されない問題を修正しました。
  • iOSステータスバーの背後に隠れていた全画面ビデオの閉じるボタンの位置を修正しました。


v5.1.0(2015年2月2日)

特徴および改良点:

  • Chartboost Android SDK v5.1.0とiOS SDK v5.1.3とを更新しました。
  • APIを完全に更新しました。ドキュメンテーションを参照ください
  • Chartboost機能を搭載したサンプルプロジェクト(AIR 16 SDKが必要)を提供。


v1.1.0

特徴および改良点:

  • iOSのMoreAppsデリゲートメソッドを修正しました。
  • Adobe AIR SDKコンパイラの適正なバージョンをダウンロードするよう、ビルドスクリプトを更新しました。
  • ANEビルド用にビルドフォルダにextension.xmlおよびplatform_ios.xmlファイルを同梱しました。


v1.0.0

初期リリース版。