テストモード

キャンペーンを開始する前に、テストモードでChartboostのインテグレーションの状況を確認してください。

ゲーム内ですでに広告の表示が確認できた場合、インテグレーションは正常に完了しています。この場合はテストモードを実行する必要はありません。テストモードはBuster’s Boost広告を利用した統合テストのみにご利用いただけます。
 

  • ダッシュボードの左上から新規にインテグレートしたアプリを選択します。
  • 画面で[基本設定]を開きます。
  • 画面を下にスクロールし、[テストモード]に移動します。
  • ラジオボタンで「有効」を選択します。
  • テストモードの有効時間を追加します。
  • その後、「保存」をクリックします。
テストモードの有効/無効を変更した場合は、変更の反映に約30分かかります。

  • テストモードでは、Chartboostネットワークからの実広告に代わって、プレースホルダの静止画または動画広告を1件テストできます。
  • テストモードを有効にすると、デバイスへのゲーム構築に加えて、Xcode、Android Studio、その他のIDEを利用してデバイス上で広告のプレビューを行うことができます。
  • インテグレーションが成功すると、コードで静止画または(非リワード型の)動画インタースティシャルをコールした後に以下の「success」広告が表示されます。
  • 「success」広告が表示されない場合は、インテグレーションの状況を確認してください。
  • また、SDKパッケージ内のサンプルプロジェクトでも、Chartboostのインテグレーションの基本モデルを確認できます。

キャンペーンを公開する前に、必ずテストモードを無効にしてください。テストモードがオンになっていると、キャンペーン広告が表示されません。
  • 画面で[アプリ設定] > [基本設定]を再度開きます。
  • 画面をスクロールして[テストモード]に移動します。
  • ラジオボタンで「無効」を選択します。
テストモードの有効/無効を変更した場合は、変更の反映に約30分かかります。

関連ページ